? デトランスα激安通販~デトランスアルファの効果・副作用   

デトランスα激安通販~デトランスアルファの効果・副作用

デトランスαの凄いポイント

デオドラント製品は、年々進化しておりニオイを香りで誤魔化すことなく、ニオイの原因に働きかけるものが、多くの方から支持されているようです。販売個数25万個突破という実績を誇るデトランスαは、医療先進国デンマークで人気の高いデオドラント製品です。ヨーロッパでナンバーワンの売り上げを誇るデトランスαは、脇汗をピタッと止める効果と長い消臭効果で人気になっています。

脇汗をしっかり止める効果

季節を問わず、様々な原因により汗をかくことがあります。特に、ワキは最も汗をかく箇所のひとつですが、冬に汗をかいた場合、汗をこまめに拭き取りにくいかもしれません。汗そのものに、ニオイはほとんどありませんが、汗をかいた後に、何の対策も取らない場合、皮膚の常在菌の働きにより、汗が分解されてニオイの原因となります。デトランスαは、汗をかいた後に対策を取るタイプのデオドラント製品ではなく、汗をかく前に、デオドラント対策を取ることができます。気になる箇所に塗っておくことで、汗をしっかりと止める事ができるので、汗の影響を軽減する対策を取ることができます。

臭いだけではなく細菌の増殖も抑制

汗がニオイを発するのは、皮膚の常在菌が、汗を分解することが原因となっています。どのような方も皮膚に常在菌がいる状態ですが、身体から汗や皮脂が分泌された際に、常在菌の働きが活発化するのです。デトランスαは、ニオイの原因となる汗だけではなく、常在菌に働きかける特徴を持っています。常在菌の育成や増殖が気になる方をサポートをするので、汗をかくことによるニオイを気にすることが軽減されるのを期待することができます。

持続性が高い

デオドラント製品の中には、汗をかいた後に対処するタイプのものが数多くありますが、季節を問わず、汗はいつかくのか予測できないようなところがあります。汗をかくたびに、デオドラント対策を取る時間を十分に取ることが出来れば良いのですが、なかなか、そのような時間を取れない場合もあります。デトランスαは、気になる箇所にひと塗りするだけで、長時間、その働きが持続するという特徴を持っています。汗をかく前に対策を取ることができるので、汗をかく度に、デオドラント対策を取る手間を省くことができます。

脇汗を止めたいならデトランスα!




デトランスαに配合されている成分

販売実績25万個という、驚異的な人気を誇るデトランスαには、ニオイの原因に働きかける様々な成分が配合されています。医療先進国であるデンマークで生まれたデトランスαには、どのような成分が配合されているのでしょうか。


アルミニウムクロリッド

汗をかいた後、汗に含まれ皮脂やアンモニアなどを、皮膚の常在菌が分解することによって、強いニオイの原因となってしまいますが、汗をかきにくくなることで、ニオイの原因となるものに働きかけることができます。アルミニウムクロリッドは、汗に含まれる水分に反応して、汗腺の栓となる働きを担うものを形成するため、汗腺を一定の時間塞ぐことで、汗の分泌を抑える働きを期待することができます。

アルコールデナ

汗には、水分のみからなるものと、皮脂やアンモニアを含むものの2種類があります。皮膚の常在菌によって、皮脂を含む汗が分解されると、強い臭いの原因となりますが、アルコールデナには、皮脂腺から分泌された皮脂が固まったものである角栓を、腺内の深部まで運ぶという働きを持っています。

アルミニウムラクタート

アルミニウムクロリッドが水に反応する際に、酸が発生します。この作用により、痒みなどの炎症を起こす場合がありますが、こういった炎症を軽減するため、そういった作用を中和する特徴を持っているアルミニウムラクタートが合されています。

プロピレングリコル

皮膚には、外部から皮膚を守ろうとする防衛機能が備わっています。皮膚が乾燥すると、皮脂を多く分泌することにより、皮膚を守ろうとするのですが、皮脂が多く分泌されるほど、ニオイの原因となってしまう場合があります。プロピレングリコルは、保湿作用があるため、皮膚が余分な皮脂を分泌するのを防ぐことを期待することができます。

グリセリルステアラット

グリセリルステアラットは、乳化剤として使用されているものです。乳化剤は、水と油など、性質の違うものを均等な状態にするために用いられるもので、様々な製品に使用されています。

スラミクロクリスタリン

スラミクロクリスタリンは、グリセリルステアラットの働きを、より安定させる働きを持っています。

上記の中にあるアルミニウムクロリッドという成分が多汗症で病院に行くと処方される塩化アルミニウムの事でデトランスαには10%配合されています。脇の多汗症などで悩んでいる人の汗を止める事ができるほどの成分なので、通常の脇汗やちょっとひどい程度の脇汗ならデトランスαを塗るだけでピタッと止まります。

脇汗を止めたいならデトランスα!




デトランスαの上手な使い方

デトランスαは、使用される方の多くが実感される製品として、販売実績25万個突破という実績を誇っています。通常のデオドラント製品のように、汗をかいた後に使用するものではありませんが、どのように使用したら良いのでしょうか。

夜寝る前に使用する

デトランスαは、1日1回、清潔で汗をかいていない、乾いたお肌に使用します。さらに、傷のない状態の肌に使用するよう気をつけましょう。使用する時間帯は、就寝前に使用します。汗をかきにくい状態で使用することが前提となっているため、身体を動かすことで汗をかきやすい日中などは、使用を控えます。塗り方のポイントとしては、ワキなどの気になる箇所に使用する時、汗腺のある部分だけに使用するようにします。広い範囲に使用することは、おすすめできません。そして、軽くさっと2ストロークほど塗ることが大切です。過剰な量を使用すると、かぶれの原因にもなりかねないため、使用の際には、少量を試して様子を見てから、自分に合った量を調節するようにすると良いでしょう。塗った後は、完全に乾かすようにします。

朝起きたら洗い流す

朝、起きたら、気になる箇所に塗っておいたデトランスαを、石鹸などを使用して、しっかりと洗い流します。デトランスαを初めてご使用の方の中には、朝、デトランスαを洗い流すことを躊躇される方もいらっしゃるようですが、夜十分に浸透したデトランスαは、朝、洗い流すことが大切です。デトランスαは、汗をかいていない、乾いた肌に使用するものです。日中は、汗をかきやすくなるため、朝、洗い流しておくことが大切なのです。

週2~3回ほど夜寝る前に使用する

通常のお肌の状態である方の場合、夜、就寝前にデトランスαを塗る習慣を、約1週間、毎日続けた後。使用するペースとして、夜、就寝前に、週2~3回の使用で、コンデションを整えるという方法を取ります。お肌が弱いと自覚されている方である場合、はじめの1週間を、連続して使用するのではなく、1日おきのペースで使用します。1週間経過後は、夜、就寝前に、週2~3回の使用で、コンデションを整えるという方法を取ります。1週間経過後の、週2~3回の使用の際も、デトランスαを、朝、石鹸などでしっかり洗い流すようにしましょう。

脇汗を止めたいならデトランスα!




ページトップへ